薄毛を気にしたり隠そうとすることが間違っている

大人の女性からしたら、AGAによる薄毛を気にしたり隠そうとしていること自体が滑稽に思えます。テレビを観てみなさい、映画を観てみなさい!多くの有名人や映画スターだってハゲを隠してなんかいないですよね?開き直って堂々としていますよ。その堂々としている姿が魅力的だと私は思うのです。

薄毛は人間の成長に伴う自然現象なのですから、ネガティブに捉えるのではなく「成長による変化」だと自分に言い聞かせてみてはどうでしょうか?見た目で男性を判断する女性がいたとしても、せいぜい20代半ばぐらいまでです。少なくとも30歳を超えるような落ち着きのある大人の女性は、みんな薄毛を本気でバカにしたり気持ち悪がったりすることはありません。頭の見た目よりも、その男性が今までの人生で何をなし得てきたか、今何ができるのか、という内面を見て判断するのです。男性のかっこよさは内面なのです。

但し、自分が薄毛になってしまったからといって、女性目線を気にしなくなって身だしなみや所作までだらしなくなるのはNGです。頭がハゲていても、清潔感のあるファッションと大人の所作ができれば、あなたは魅力的な男性なのです。フランスやイタリアのハゲってかっこいいですよね?彼らはファッショナブルで素敵な身のこなしの自分に自信があり、女性はハゲを男性ホルモンが多くてエロいことの象徴として捉えているのです。

薄毛になったからこそ滲み出るかっこよさがあるのだと、私は思っています。顔を上げて、自分に自信を持って生きましょう!